チークブラシの選び方と要素

華やかさやきちんと感を出す、チークは、メイクの仕上げに欠かせません。さりげなく色づき、ふんわりと温かみのある印象や、シャープな印象を出すには、質の良いチークブラシを使うことが大切です。チークに付属されている平たいブラシでは、粉が一歩方向にしかつかないので、メイクを直す時に使うものと思って、毎日のメイクには、太いチークブラシを使って付けることがおすすめです。
チークブラシは、肌触りの良さと、硬さ、サイズが選ぶ時の要素です。肌ざわりや硬さは、毛の種類によって異なります。毛の種類には、リス、山羊、イタチ、ポニーなどがあります。リスはやわらかく、肌あたりが良いです。ふんわり付きますが、こしがある方が良いなら、山羊も良いでしょう。イタチはなめらかな肌あたりと適度なこしがある高級品です。ポニーは、こしがあるので、しっかりと粉が付くブラシになります。それぞれの良いところを引き出すために、毛をブレンドしたブラシもあるので、手にとって確かめてみると良いです。やわらかい方が肌触りが良いくふんわりとした仕上がりになり、こしがあって硬めのものはコントロール性が高く、シャープにつくのに好みによって使い分けてください。
サイズは、メイク初心者なら、思っているよりも毛量が多く、大きめの物を使ってみてください。目安は、粉を付けたい幅とだいたい同じくらいの幅のものです。細いブラシを使うと何度も肌の上を往復することになるので、線状になったり、むらができやすくなります。大きめのブラシで、携帯用でなければ、柄が長めでしっかりとした太さの物を選ぶと、格段にメイクがしやすくなります。

コメントは受け付けていません。